ちょっとした小話として読んで貰えれば幸いですm(_ _)m

保険営業をされている方はカフェでアポイントの約束をすることもあると思います。そして1日にいくつもアポイントがあるため、アポイントに遅れそうになる時も過去あったのではないでしょうか?

そんな時に「申し訳ございません、30分程遅れてしまいそうです。」と連絡をするのはもちろんなのですが、その際、遅刻の連絡をして「わーい、約束した相手が遅刻したー」と喜ぶ人はいないと思います。どちらかというとマイナスであることに間違いはありません。

しかし、そんなマイナスな状況をプラスに変える(というよりも先日、私が実際にされて「この人デキル!」と思った)遅刻の仕方を紹介します。

待ち合わせは○○駅近くのカフェ(スターバックス)、約束の時間に30分遅れてしまいそう。現在約束の時間の30分前。そんなシチュエーションだとします。

具体的にどうするのか…それは…

ソーシャルギフトサービス giftee(ギフティー)を使う

 

これです↓↓↓

https://giftee.co/

 

これは一言でいうと、相手にGIFT(プレゼント)が送れるサービスで、そのプレゼントには、色々なものがあります。
その中にスターバックスのドリンクチケットがあるんですね。

送られた相手は、とくに煩わしいサービスへの登録などはせずに、送られたチケットを表示(URLを表示)して、お店で商品と交換するだけ。

そうなんです。先日、私は受け取った側なのですが、アポイントの30分前にこんなLINEメッセージが。

「申し訳ございません。アポイントに30分程遅れてしまいそうです。もしよかったら、それまで、こちらのコーヒーを飲んでお待ち頂ければと思います」と言って、スターバックスのギフトが送られてきました。

私は思わず感心してしまって、実際に遅れてきた相手と、このgifteeについて、盛り上がりました。アイスブレイクにもなります。

まぁ、本当は遅刻しないのが一番なんですけどね(笑)