保険募集人の方の営業スタイルは様々だとは思いますが、

紹介営業スタイル

というのは、やはり基本といってもいいのではないでしょうか?

募集人の方は様々なビジネスパートナーと繋がっていると思います。例えば税理士の先生をはじめとした士業の方、不動産営業マン、異業種交流会などで出会った方、その他にも様々な方と繫がり、紹介を出したり、紹介を頂いたり。

皆さまの周りの優秀なビジネスパートナーの方に推薦文を書きませんか?

応援型SNS RECOTY(レコティ) では推薦文を相手に贈ることが出来ます。

皆様は推薦文を書いてもらった事はありますか?推薦文を贈ると、相手にどういう効果があるかをまとめると

1.推薦文を貰うと、まず当然ですが、嬉しい

まず、推薦文を貰った相手は嬉しい気持ちになりますよね。これは絶対です。

こういった推薦文をもし自分が貰ったら嬉しくないですか?

2.ビジネスの役に立つ

推薦文は皆様の想像以上に、贈られた方のビジネスに貢献する事が可能です。

特にインターネット上に形として残る推薦文は必ず相手のビジネスの役に立つ事が出来ます

断言します。これからの時代において選ばれる方法は、誰がオススメしているかが非常に重要になります。というか現時点でもそうですね。

飲食店を探す時に、食べログを見たり、Amazonで商品を購入する際に、レビューを見たりしますよね。絶対にサービス(ヒト)を選ぶ時もそうなるはずです。

特に効果があるのは知人のレビューです。

知人や友人が美味しいと言っていたお店は行ってみたいと思いますよね。それと同じかそれ以上にヒトを選ぶ時は効果があります。

ヒト(保険募集人や税理士等の士業)を選ぶ時は、その専門性の話を聞きたいと思うのですが、当然、探している側には、その専門性がないからこそ、誰がオススメしているのかが非常に重要になります。

よって、推薦文を実名で書く事は、相手にビジネスの役に立てるという事です。

3.返報性の法則

これはもしかしたら最初から期待して…というものではないのかもしれませんが、推薦文を書かれると、相手の事も推薦したくなるという事です。

そうすると、上記2つのメリットが貴方にも返ってくるという事です。

募集人の方がRECOTY(SNS)を使う時に気になること

保険募集人の方がSNSをすることについて保険業法やコンプライアンスが気になる方がいらっしゃるかもしれません。

RECOTYは保険業法特化の弁護士の先生のリーガルチェックを通っているので、安心してご利用ください!

そもそもですが、保険募集人が、SNS上で「税理士の先生」や「不動産営業マン」の方々を推薦して、業法やコンプライアンスに何か問題はあるはずがありません。

逆に、推薦文を書いてもらったケースを考えると、そもそもその推薦文を書いたのは募集人ではありません。唯一の心配として、推薦文の内容があまり良くないものだった場合ですが、RECOTYでは、書いてもらった推薦文は最初は非公開となっており、確認後に公開する事が可能ですので、良くない推薦文が公開される事はありません。

さて、ここまで書かせてもらいましたが、

募集人の方が周りのビジネスパートナーを推薦しない理由…ありますか??

具体的に推薦する方法

RECOTYでは、推薦文を書きたい人が登録していなくても推薦文を書くことが出来ます。

また、その方がサプライズに繫がるので、是非、推薦文を先に書いて送ってみましょう。

きっと贈られた相手は喜んでくれますよ!

まず、RECOTYに登録しましょう。登録や推薦文を書くことは無料で出来ます。

応援型SNS RECOTY(レコティ)

そうすると、チュートリアルが流れるので、終わったら下記画面になります。

このURLを送った相手からは下記のようなページが表示されます。

是非、あなたの周りのビジネスパートナーを推薦してみましょう。