年末にむけて、今、必死に数字を積み上げているところという保険営業マンの方も多いと思います。

保険営業マンにとって、とても有り難いのが紹介だと思います。

そんなのはわかっている!!という保険営業マンの方は多いでしょう。

そこで本日は、保険募集人の方向けの、角度が高い紹介が生まれるツール、RECOTY(レコティ)の紹介です。

ただ、まずその前に現状の紹介発生についてその問題点を洗い出します。そもそも紹介というのを図解すると

この状況を作り出すことです。

紹介を発生させるのは、お客様

紹介を発生させるのは、保険営業マンではなく、お客様の行動であることを改めて、認識しましょう。保険営業マンがすべきことは、お客様が「紹介」をしやすいようにサポートすることです。

ここにはお客様が保険営業マンの紹介をするにあたり、問題点がいくつかあります。

まず前提として、契約したお客様は、自分が信頼している保険営業マンを自分の知人友人に紹介したくない。というわけではないのです。むしろそこが駄目なのであれば保険の提案そのものを見直すべきです。

ではなぜ紹介が発生しないのかを考察していきます。

なぜ紹介は難しいのか

紹介のパターンには2種類あります。それは簡単な紹介と難しい紹介です。

文字通り、先程から難しいと言っているのは、難しい紹介のことです。

簡単な紹介とは紹介発生の方向が知人友人からお客様

わかりやすく図解すると方向が下記のパターンです。

このパターンは発生すればかなり高い角度でお客様は紹介が出来るのですが、まずほとんどその機会自体がありません。

その理由としては以下の2点です。

・お客様が「保険営業マン」ではないこと
・「イイ保険営業マン」を知っていることをお客様の知人友人は知らないこと

例えばアナタ(保険営業マン)に「スマホアプリを作りたいんだけど誰か紹介して欲しい」という依頼が年間に何件来るでしょうか?そういうコトです。

この簡単な紹介については、しっかりとお客様に納得して頂いて保険に加入して頂いているのであれば、知人友人からお客様に相談があれば、まず貰えるはずの紹介です。問題は圧倒的に数が少ないことです。

また、お客様の知人友人に保険のニーズが発生したとしても、お客様に聞いてくるとは限りません。何故ならば知人友人の方にも多くの知人友人がおり、その中で紹介を依頼されるかどうかはわからないからです。

問題点1:簡単な紹介はほぼ発生しない。発生したらラッキー。

難しい紹介とは紹介発生の方向がお客様から知人友人

それは紹介発生の方向が下記のパターンです。

 

これって紹介というよりもむしろ営業そのものと言ってもいいかもしれません。これが難しいのです。

ニーズがあるかわからない知人に、保険営業マンを紹介することは非常にストレスがかかる

なぜかというと「断られる」可能性が高いからです。知人友人に保険のニーズがあるかわからないから「断られたらヤダなぁ」と考えてしまいます。

これは言わば営業活動そのもので、保険営業マンなら最初に、自分の知人友人に営業をしたのではないでしょうか?それとまったく同じです。しかも保険営業マンではないので、保険の知識が少ない状態で…です。

「ニーズがなくてもとりあえず会えればいい」と考えた保険営業マンの方は、お客様の立場になっていないと言わざるを得ません。ニーズが無い(無いと言っている)状態で引き合わせるのは、結果がどうであれ、再度言いますが、紹介の連絡をする時に、お客様に非常にストレスを与えています。

問題点2:紹介はお客様にストレスを与えている

それだけのストレスを感じながら連絡出来る人数はせいぜい5人

お客様の知人は何人いるでしょうか。100人どころか知人という括りであれば1000人というのも珍しくないと思います。しかし、上記のように、「イイ保険営業マンがいるんだけど会ってみない?」と連絡できるのは、せいぜい5人じゃないでしょうか。500人の知人がいたとしたら1%です。

連絡をして「ちょうど保険を考えていたんだよね」となる可能性は低いです。

問題点3:そもそもニーズがある知人友人にあたる可能性が低い

自発的に上記の紹介連絡を続ける人はいない

では、5人以上に連絡するために、毎日毎日、紹介を依頼するお客様はいるでしょうか?

契約直後に上記の難しい紹介を依頼したあとは、滅多に発生しない簡単な紹介を待つだけなのではないでしょうか?

以上の理由から、お客様が紹介を生むことが難しいのです。

紹介を難しいものから簡単なものにするRECOTYとは

さて、前置きが長くなりましたが、上記の問題点を解決する仕組みであるRECOTY(レコティ)をご紹介します。

RECOTYは、上記でいうところの難しい紹介を簡単な紹介にする仕組みです。

・上記の簡単な紹介を増やす
・上記の難しい紹介を簡単な紹介にする

が実現できれば、紹介は確実に増えます。

その具体的な解決法は、お客様が「イイ保険営業マンを知っていること」をお客様の知人や友人が知っている状態にするコトが出来れば良いのです。

それが実現すると、知人友人にニーズが発生した際に、

この簡単な紹介が発生します。しかしお客様が知人1人1人に「私はイイ保険営業マンを知っている」と電話するわけにもいきません。

そこで、この「私はイイ保険営業マンを知っている」を知人友人に一斉に知らせることが出来る仕組みがRECOTY(レコティ)です。

RECOTY(レコティ)は、まず保険営業マンが登録することによって、お客様に推薦をしてもらうことが出来るようになります。

簡単に図解していくと下記の流れとなります。

ここで1つ補足です。なぜあれだけ機会がないといっていた知人からの紹介発生があるのかについてですが、単純に見られる数が違うからです。電話するよりもfacebook等でお客様の書いた推薦文はfacebook等で拡散されるため、お客様の知人(facebookでは平均200名以上の友達がいます)に拡散されますので、単純に、その推薦を見る人の数が、直接電話するよりも多くなります。

さらにいうと、このたくさんの人に知らせるというのはインターネットの最も得意とする分野であり、インターネット以外の方法ではかなり難しいのが現状です。

RECOTYへの登録(無料)はコチラ

保険営業マンがfacebookをビジネスで使うにはこの方法しかない

この仕組みは保険営業マンにとっては画期的な仕組みのはずです。何故ならば今まで保険営業においてインターネットを使った集客はご法度だったはずです。特にfacebook等のSNSを使えなかったはずです。

この「お客様に推薦してもらう」という仕組みであれば保険営業マンがfacebookを使っても問題ございません。

先に言っておきますが、RECOTYは保険業法特化の弁護士のリーガルチェックも通っている仕組みなので、保険業法において全く問題ございません。

RECOTYの使用料について

RECOTYの使用料は、登録料、月額料は一切かかりません。実際にRECOTYを使ってお客様に推薦文を書いてもらって、その推薦文を見た人から問い合わせがあり、その人と契約に至った時点で、保険営業マンの方から申告頂き、初めて料金をお支払い頂く成果報酬型のシステムとなっていますので、保険営業マンはノーリスクで開始することが出来ます。

また、その成果報酬の料金についても、リーズ等と比べても圧倒的に低価格となっています。マッチングした際の手数料については、保険営業マンが何のプロとして推薦してもらうか(カテゴリーの登録)によって料金は違います。

例えば「生命保険(個人)」であればマッチング手数料は15,000円(税抜)となります。その他の手数料に関してはコチラをご確認ください。もう一度言いますが、この料金をお支払い頂くのは実際に保険等の契約をした際です。

生命保険営業マンだからといって、生命保険というカテゴリーで登録しなくてはいけないというルールもありません。例えば「住宅ローン」や「家計見直し」というカテゴリーでもアリでしょう。(※ただし料金を支払って頂くのは、金銭的なメリットが推薦された側に発生した際という規約になっております。詳細は利用規約をご確認ください。)

あくまでもfacebookに投稿する(シェアする)のはお客様なので、保険営業マンのfacebookには一切何も投稿されません。

RECOTYへの登録(無料)はコチラ

お客様が推薦するメリットについて

お客様も書いて終わりではありません。それを広めようとしてくれる仕組みがRECOTYにはあります。それはもし、書いた推薦文から実際に問い合わせがあり、契約に至った場合は、推薦文を書いた方にRECOTYから謝礼金をお支払いします。
※詳細は利用規約をご確認ください。

謝礼金についてはコチラをご確認頂きたいのですが、最高で15,000円となっております。

なので保険営業マンの方は、契約直後や既存顧客に、以下の流れで推薦文を書いて貰うと良いでしょう。

・「もし良かったらRECOTYというサービスを始めたんで、推薦文を書いてもらえませんか?」

・「それを見た○○さんの友人や知人から問い合わせがあって実際に契約までいくと、RECOTYから謝礼金が貰えますよ。」

・お客様にRECOTYのマイページのURLを送る

・推薦文を書いてもらう

・facebook等でシェアしてもらう

もう一度確認しておきますが、RECOTYは保険業法特化の弁護士のリーガルチェックも通っている仕組みなので、保険業法において全く問題ございません。

さて、ここまで聞いていくつか疑問点が出てきた方もいるかと思いますので、それらを解説していきます。

RECOTYに契約を報告しなかったら料金を払わなくてもいいのでは?

まぁ考えてしまいますね(笑) しかし正直に報告することをオススメします。

確かにRECOTYとしては実際に契約に至ったかどうかはわかりません。しかし、以下の2点から正直に報告する方が得になります。

1.推薦文を書いてくれたお客様は問い合わせがあった事がわかっている

お客様は自分が書いた推薦文から、何件の問い合わせがあったのか、何件の契約があったのかがわかる仕組みになっています。つまり、問い合わせがあったのに、契約になっていない。ということが推薦文を書いてくれたお客様に伝わります。もちろん問い合わせがあった方全員と契約出来ることはないかと思いますが、そこで実際に契約になったのに申告をしないと、せっかく推薦文を書いてくれたお客様の信頼を損ねることになってしまいます。

2.契約数が多い推薦文はRECOTY内で露出が多くなるのでもっと集客が出来る

RECOTYでは、契約数が多い推薦文はRECOTYの中やその他でも露出を増やしていきます。よって、より集客出来る可能性が高まります。

RECOTYでは1カテゴリーにつき1人しか推薦出来ない

RECOTYでは本当に自分がイイと思う人しか推薦して欲しくありません。なので1カテゴリーにつき1人しか推薦出来ない仕組みになっています。

これにより以下のメリットがあります。

誹謗中傷がない。☆5だけ

誰も彼もを推薦出来るとしたら、その中に誹謗中傷があると思います。食べログでも☆1や☆2をつけることもあるでしょう。しかしRECOTYは1カテゴリーにつき1人しか推薦出来ない仕組みにより、いわば☆5しかない状態なのです。

本当に質の高い情報だけ

保険営業マンの人を探す側の立場からすると、誰も彼もが推薦されている中から選ぶ必要があるでしょうか?本当にイイ保険営業マンを見るだけでいいのではないでしょうか?また自分の知人友人が推薦するたった1人の保険営業マンほど信頼できる保険営業マンはいないと思います。

RECOTYへの登録(無料)はコチラ

RECOTYの使い方やその他質問について

RECOTYのユーザーに関しては、現在facebookグループにて無料サポートをさせて頂きます。頂いた質問に関しては24時間以内に返信させて頂きます。
また、具体的な推薦文のコツやその他も情報発信しております。

RECOTYの質問相談facebookグループはコチラ

※こちらのグループはRECOTYの登録者限定となっておりますので、先にRECOTYにご登録頂いたあと、こちらのグループに参加ください。弊社にてRECOTYのユーザーと確認が取れ次第、グループに追加させて頂きます。

RECOTYについて、ご質問がある場合や、説明会開催希望の方はページ右下のFacebookチャットもしくは

LINEでご相談はコチラ